« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

越冬闘争始まりました(越冬団結、とかに名前変えれば献品集まりやすいのに、ねえ・・・)

今年も、越冬闘争が始まりました。

みなさんは、市役所や区役所がしまっていても、それほど不便を感じることはないかもしれないですよね。でも、住む場所も、着る服も、食べるものもない人たちにとって、やはり行政は最後の砦です。

救急車がある、と思われるかもしれないですけど、救急車を呼ぶための電話もない場所で倒れているわけなので、ソーシャルワーカーや民生員のように地域を回ってくれている人がいないと、助かりようがありません。

つまり、この行政機関が閉まる年末年始は、いざというとき(=死にかけている時、という意味です)に誰も助けてくれない、ということになります。

この時期を、生きて乗り越えるために、釜ヶ先や山谷では「越冬闘争」と呼ばれる団体行動を行います。

闘争、という名前が名前なので暴力的なイメージを持たれますが、実際にはおもちをついたり、共同で雑炊をつくったりります。また、生活保護をどのように申請するかを相談したりします。集まって、食べ物を調達して、なんとか凍死せずに生き残ろう、という団体活動です。

ただ、これは昨今のドヤ街が高齢化してきたからというだけで、一昔前はまさに「闘争」というシーンも多々あったそうです。今でもその名残はあって、社会活動的な側面を色濃く残してます。

その象徴は、やはり映画「山谷 やられたらやりかえせ」の上映でしょう。初代監督が殺害され、その遺志をついだ次期監督も殺害されたという、いわくつきの映画ですが、ドヤ街の成り立ちを知るためには、やはり最良の作品だと思います。今年は1月1日19時から山谷労働者福祉会館で上映するそうです。

こういう「闘争」時期の山谷を見るか、普段の人が良いおぢさん達が道路でお酒をのみながら賭博をしている時期の山谷を見るかで、印象がずいぶん変わると思います。今年も、闘争の時期はテレビカメラが入るのでしょうから、また山谷のイメージがゆがめられるような気がします。。。。。

|

乳酸菌って花粉症に効くのかも・・・

杉花粉症、始まりました。

風邪かもしれないと思ったので、逆さまつげの定期検診のついでに眼科で調べてみたら、杉花粉症でした。

眼科医さん曰く「今年は12月の初旬から飛んでるんですよ。食中毒で胃腸が弱ってるから反応でちゃったんですね~」。

胃腸と花粉症の関係って証明されたんだっけ、まあいいか、、、などと納得して帰ってきました。

花粉症が始まったので、これで今年も逆さまつげの手術は先送りです。(かゆくて、傷口をかいてしまうので・・)

食中毒の症状が治まってきたら花粉症の症状もおさまってきました。

医学的にどうなのか知らないのですが、胃腸の調子と花粉症って、やっぱり関連ありそうですね。

|

いのちの電話

いのちの電話がつながらないそうです。

以前、別のブログにも書きましたが、友人がここの常勤相談員をしています。

彼女は年末が一番電話が多い、一番孤独を感じることが多いようだ、と話していました。

いのちの電話は、名前を名乗る必要もない、ただ黙っていてもいい、自殺を考える人にとっては最後の砦となっている仕組みの1つです。

ここの相談員になるためには、2年以上の研修と、徹底した自我との戦いがあります。相談員が足りない、電話がつながらない、からといって簡単に増やせるモノではありません。

誰かと話したい、でも、いのちの電話もつながらない、もしそういう方がいたら、適当に、キリスト教会の電話番号を検索して、かけてみて欲しいな、と思います。牧師や神父は、神学校でカウンセリングを学んでいます。また、日々、悩みや苦しみを負っている方からの電話や対面での相談を受けています。(私がキリスト教会しか知らない、というだけで、たぶんお寺でも大丈夫なのだと思うんですけど、自信がないので一応、キリスト教会をお勧めしておきます。)

たった一人で孤独に苦しむのではなく、誰かと話してみる、それだけで変わることもあると思います。

誰かのブログにコメントを書き込んでみる、というだけでも良いかもしれません。かえってきた返信で、なにか気がつくことがあるかもしれません。返信はなくとも、書き込むことで、自分自身で気がつくことがあるかもしれません。

自殺を考えて悩んでこのブログにたどりつく、という方はあまりいないと思われますが(そういう検索キーワードだとひっかからなそうなので)、何かのきっかけになればいいな、と思って記事にしてみました。

|

洗濯機のホースの水漏れチェック方法、ご存じですか?

洗濯機の裏に落ちた花梨は、ピーピーないていました。最初はすぐに助けようかと思ったのですが、助けてしまうとまた同じ事をするのではないかと思って、しばらく放っておきました。

すると、なんとかかんとか、自力で上がってきて、洗濯機の上でちょこんと休んでいました。

で、よーく洗濯機を見てみると・・・・

ホースのものと思われる、細かいプラスチックのゴミが(愕然)

081224_09550001 ホースに爪を立てて、登ってきたみたいです。

これ、水漏れする可能性、ありますよね??

うわー、どうやったらホースに穴が空いているかどうかチェックできるんだろう。

さっさと助け上げればよかった~

|

困った

困った
どうやら、この裏に花梨がいるようです。

困ったなぁ〜。

|

ネコの眉毛

ネコの眉毛 ネコの眉毛
ネコには、長いヒゲと長い眉毛があります。どちらもセンサーの役目をはたしています。

写真のとおり、ツナには、長い白いヒゲと長い白い眉毛があります。

昨日までは、花梨にも、長い眉毛は残っていたのですが、とうとう最後の眉毛もなくなってしまいました。記念に最後の一本を写真にとりました。花梨の眉毛とひげはまっくろです。

|

ちょっとした拷問

バルコニーでツナが膝に乗ってきました。

ツナと一緒にのんびりと日向ぼっこをしていたら、花梨がしきりに私達をみてウミュウミュと文句を言います。

普段だと、ツナの上にのっかってくるのですが、私が前かがみになって本を読んでいるので、ツナの上に乗るスペースがないと文句を言っているようです。

そりゃそうです。

ツナと花梨、合計で10キロです。膝も腰も痛くなるので、わざと前かがみになってるんですから(笑)

するっと、、、、、

Karin
どうしても乗りたかったらしく、花梨が私の背中に飛び乗ってきました(涙)

膝に6.2キロ、背中に3.7キロを乗せながら、30分くらい読書を続けました。

何かの拷問みたいでした。

|

ネットに依存した人間関係

もう半年以上前のことになります。

実は、今年の誕生日は、家族も同僚も教会員も含め、誰からも「おめでとう」という声をかけられませんでした。同僚に関しては「まあ、日本人だしなあ、外資で働いたことがなければ、こんなもんだろう」と思います。ただ、さすがに家族にすら忘れられてしまったのはショックでした。誕生日当日は8時頃まで仕事をして、帰宅後に自宅で玄米と納豆を食べながら、ウィルとツナを相手に「なんだか情けない人生だねえ」と話しかけたのを覚えています。

一方で、mixiやgreeの機能で、私の誕生日に気がついてメッセージをくれた友人・知人は10人以上いました。リアルの世界では全く忘れられていた私の誕生日を、SNSは友人達にリマインドをしてくれたわけです。

友人との関係に、ネットが介在し、ネットがあるからこそお互いの近況を知ることができて心理的な距離を保てていることは確かです。ただ、ここ数年の私のリアルワールドでの人間関係を振り返ってみると、あまりにもネットに依存している気がします。

この出来事の前日に、当時の勤務先の経営会議で人事部門が突然、自宅での深夜早朝残業を禁止し、深夜・早朝に働くためにはオフィスまで出勤するという規則を提案していました。

誕生日に自宅で一人で納豆を食べながら、ただでさえリアルの世界で居場所を失いかけている最中に、この規則を適用されてしまうと、私はただの給料を運ぶだけの人になってしまうな、と寒気を覚えました。

今年の誕生日の出来事は、ネットが介在しない人(家族や、所属教会の教会員)との関係はどんどんと薄れてきているのではないか、彼らの中で私の居場所は無いのではないか、という危機感を感じる出来事でした。

|

バスでラクーアに(途中でビックリ)

バスでラクーアに(途中でビックリ)
ラクーアで温泉に入ろうと、バスに乗っていました。

降りるバス停の直前でバスが止まり、なかなか動きません。

ふと外を見ると、ガラスの破片が飛び散り、大型スクーターが倒れています。

乗っていたバスの脇をすり抜けて飛び出したバイクが右折して東大正門に入ろうとしていた車と正面衝突したのです。

典型的な右直事故でした。

事故に遭った方の無事をお祈りします。

| | トラックバック (0)

鍼治療なんて非科学的、、、、なんですか??

毎日購読しているブログで、風邪を引いたので鍼に行ってほんの1滴指先から血を抜いてもらったらしばらくして風邪が治っていた、という記事がありました。この記事に対して「そんな非科学的な」というコメントがちらほら。

そうなんだあ。非科学的だと思っちゃうんだ。よく考えれば、かなり簡単に説明がつく理論なんだけどなあ。

風邪の引き始めだなあ、と思ってだんなさんに治療をお願いすると、特に冷えている場所を探してそこにお灸をしてくれたり、コリをほぐしてくれます。そうすると、あまりひどくならないうちに回復していきます。(今週は、旦那さんが自宅で眠り病にかかっていて風邪の引き始めに治療をしてもらわずにいたので、悪化させてしまいました。)

実感として、風邪の引き始めに東洋医学の治療はとっても効果的であると感じています。

風邪のウイルスを直接攻撃する薬剤を投入すると、通常は生き物としての機能が損なわれてしまいます。なので、それほどシリアスではない状況で抗生剤を安易に飲むのは考えものなわけですよね。そこで、通常の風邪薬は痛み止め、つまった管の通りを良くする、免疫力をあげるためのビタミン剤といった成分から成ります。

では、鍼で血を抜いたり一部分の筋肉を深く刺激することで何が可能なのでしょうか。

特に冷えがきついポイントをピンポイントで刺激したら、体は急激にそこに血を流そうとするわけです。ポイントさえ上手に見つけられる治療家であれば、1箇所の刺激で全身の血行を良くすることが可能です。

で、血行が良くなって体温が上がると、免疫力が上がり、ウイルスに対する抵抗力も上がるわけです。

もちろん、鍼灸師はもっと小難しい東洋医学の気の話をしたりして効果を説明しようとします。(そして、もちろん私が簡単に書いたことだけが鍼の効果ではなくて、確かに鍼治療の後には、なんともいえない、すっきり感があるんですけどね・・・・)

鍼灸が科学的に証明できないといわれるのは、人の免疫力が個体差が大きく、ポイントとなるツボが人によって場所が違っていたり、冷えの状況が違うため、臨床実験で証明をすることが困難だからです。

そのため、薬のように誰が飲んでもある程度は同じ効果を得られる、というわけにはいかず、熟練した治療家の判断に負うところが多々あるわけです。(また、残念なことに、私が知る限りあまり腕が良くない=指先の感覚が鈍い治療家が世の中にはたくさんいる、ということも事実です。)

だからといって、鍼灸をはじめとする伝統的な医療が非科学的(効果の証明が不可能)という結論にはならないのではないかなあ、非科学的と思ってしまう時点で、論理的な思考がストップしてしまうのではなのかな、と感じました。

|

欲しいものがない

日常生活や仕事をする上で必要なものはあります。

たとえば、私は足の指の形が変わっているそうで、普通の靴が合いません。

なので、体を痛めずに歩くためには特定のメーカーの木型の靴を履く必要があります。この靴は、健康を維持するために必要なもの、だと思います。

今年の家族からのクリスマスギフトは、この靴でした。嬉しい~。

お返しは?と聞くと、プレステ3が欲しい、とのこと。

で、これを聞いてはたと考え込んでしまいました。

私は果たして「これが欲しい」というものがあるのだろうか???

以前は、PC周辺機器や電気で動くオモチャに食指が働いていたのですが、近頃は雑誌を読んだり店頭で実機を触ってはいるものの、買うということがありません。

本も、欲しくて買うということがなく、大半が何らかの目的で参照する必要があるものだけを買っています。

加湿器買ったけど、これは喉の荒れがひどくて健康上危なかったからだしなあ。。。。

この1ヶ月で購入したものを振り返ってみると、買わなくてもいいけど、、、というものが見当たりません。レンタルビデオを1回借りた380円と雑誌数冊が、買わなくてもいいけど、というものではあるなあ。。。。

という状態。

ここ数ヶ月で、元来の性格に戻っただけなんですが、なんだか、中校生のような消費生活です。

|

寒いけどあたたかい

朝、電車の中に傘を忘れました。

先ほど、傘をささずにトボトボと歩いていたら「風邪ひいちゃいますよ」という声がかかりました。

振り返って見ると、全く知らない若い女性でした。

「私も駅まで行くので」といって相合い傘にしてくれました。

とても、暖かくなりました。

| | トラックバック (0)

今すぐ駅前で世界一あたたかい人生相談を!

081216_1813000112月5日にビックイシュー初の単行本が発行になりました!

タイトルは「幸せの人生レシピ 世界一あたたかい人生相談 ホームレス人生相談&悩みに効く料理」(1400円)です。

ホームレス人生相談は、読者の悩みにホームレスが回答するというビックイシューで一番人気の連載です。

人生の痛みを知り、苦しみぬいて再生を目指してビックイシューの販売員をしている彼らの回答は、温かくて、切なくて、心にすーっとしみ込んで来ます。

昨日から、最新のビックイシュー(隔週号)が発売になっています。そのため、あさってあたりまで、主要な駅の前には、ビックイシューの販売員さんがいるかと思います。

この単行本も、雑誌と同じく、販売員さんからしか買えません。1400円のうち、700円以上が販売員さんの収入になります。

ビックイシューを買ってみたいけどきっかけがなかった、という方、今がチャンスです!過去数年分の超人気連載を一気に読めます。

本当にお勧めなので、ぜひ、手にとって見てください。

雑誌のほうの特集は「モノ減らす、ゆとりの生活」です。こちらも、片付けられない、すっきり暮らしたいという方にお勧め。英語の勉強にもなりますよ~

|

あと1週間でクリスマス・イブ

顎関節症の調子は、少しずつ良くなっています。今は4センチくらいは口が開くようになりました。ご心配くださって、本当にありがとうございます。

歯並びに問題があって発症したのではなく、純粋に首と背中の凝りから顎の筋肉が凝って発症したようです。

さて、いよいよアドベントも第3日曜日を迎え、次の日曜日は日本各地でクリスマス礼拝が開かれます。

私の母教会(千代田線の町屋駅または舎人線の赤土小学校前)では、
21日(日)10時45分からクリスマス礼拝
23日(祝)14時から子供クリスマス礼拝
24日(水)19時半からキャンドルサービス(クリスマスイブ礼拝)
です。

母の所属教会
は、銀座の一等地のど真ん中にあるので、クリスマスイブにはものすごくたくさんの方が教会にいらっしゃいます。イブ礼拝は15時からと18時半からの2回あります。18時半からの礼拝の後で1階でクリスマスキャロルを歌う会があって、とても楽しいです。

今年は、我が家は全員で私の母教会で礼拝に出る予定です。

|

嗚呼、花梨の最後のヒゲが

嗚呼、花梨の最後のヒゲが
花梨のヒゲが全部なくなりました。

あまりにもツナが花梨の顔をベロベロ舐めるので、少しずつ削られて短くなっていました。

今日は寒いので、ツナと花梨梨はいつにも増して仲良しです。見ている限りでも、3時間以上くっついています。そして、ツナは定期的に起きては、花梨を舐めています。

さっき、まじまじと花梨を見たら、唯一長く残っていた長いヒゲがなくなっていました(涙)

先週、普段とっても真面目な獣医さんにまでほとんどヒゲがない花梨の顔を見て「ブッ」と吹き出されてしまったのに、これでとうとう、ヒゲ0本になっちゃいました。

獣医さんからは笑いながら「家ネコなんで、ヒゲがなくても支障はないですけどね」と言われてはいるんですが……

ヒゲがないネコって、すごく奇妙な顔立ちです。

| | トラックバック (0)

大丈夫か、アメリカ?

先日、CNNのラリーキングライブを見ていました。(ラリーキングは、アメリカ版黒柳徹子みたいな人です。番組も、徹子の部屋だと思ってください。)

ゲストは、ジョエル・オースティンとビクトリア・オースティン。アメリカでは、とってもとっても有名人です。新しいヤンキーススタジアムで行われた野球以外の最初のイベントがこの二人の伝道集会で、スタジアムがいっぱいになった、といえば、どれほどの有名人だかお分かりいただけると思います。

アメリカには、日本では全く無名なのに超有名人という人が数人います。その代表格がオプラ・フィンフリーですね。「史上最強の人生戦略マニュアル」という今年日本でベストセラーになったビジネス書でオプラの逸話が載っているのを見て「誰これ?」と思われた日本人が多いようですが、アメリカでは大統領の名前を知らなくてもオプラを知らない人はいない、と言われるほどの有名人です。ジョエルとビクトリアもその類の有名人です。ビクトリアは白人版オプラとも呼ばれています。

オプラ、ジョエル、ビクトリアに共通しているのが「アメリカにおける伝統的クリスチャンの価値観を体現している人」とみなされています。アメリカには、王様も天皇陛下もいないので、こういう精神的な象徴を芸能人とか牧師が担うわけです。

キング牧師は例外的に日本でも有名ですが、その後この立場を継承したビリー・グラハム、オプラ、ジョエル、ビクトリアは日本では完全に無名です。これは、キング牧師のように宗教的指導者というだけではなく社会活動という側面を報道することができるほど、後続者達は社会問題に対するアピール力が弱いからです。(オプラが狂牛病問題に取り組んだときには、オプラも日本で有名になるかな、と思ったんですが、なりませんでしたね。)

で、このジョエルとビクトリアなんですが、実は私、とってもとっても苦手なんです(爆)

というか、現在アメリカに居住していないクリスチャンでこの人たちを「おお、ワンダフル!」と思ってる人ってどれくらいいるんでしょうか。

ラリーキングライブでも、ジョエルとビクトリアは
・ゲイはすばらしい人たちだとは思うけれど、同性愛はチョイス(自分で選択してなったもの)であって、最善のチョイスではないと思う
・経済的に恵まれなくても今のままでもアメリカは幸せ。裕福かどうかは神様が決めること。
・アブラハムもダビデもソロモンも経済的に恵まれていた。宗教的指導者が経済的に恵まれることは望ましいこと。ただし、お金のために働くようではいけない。聖書は、贅沢をするなとは言っていない。

と、目をくりくりさせて、異様に明るいポジティブは身振り手振りと口調で話し続けていました。

ゲイがチョイス、ですか?もちろん、チョイスという人もいます。でも、性同一性障害で苦しみ続けていた友人を見て、友人がそれを自主的に選択したという可能性は、絶対にないと断言できます。こうした苦しみを認めず、強制的に体の性を押し付けようとしたキリスト教会がどれほどかれらを傷つけ、権利を迫害してきたのかに対する謝罪をするというのなら分かります。それなのに、この期に及んで、まだ彼らを迫害する手助けをするわけですか?

経済的に恵まれなくても、って今食べるものにも困って餓死していこうとする人がアメリカにどれだけいるか分かってるんですか?あなたの話を聞いて、福祉や寄付をやめる人が出てくるという心配はしないのですか?そういう貧しい人たちのところに降りていって福音を伝えるのがクリスチャンじゃないんですか?あなた、牧師なんでしょう?何言ってるんですか?

アブラハム、ソロモン、ダビデは宗教的指導者として経済的に恵まれたんじゃなくて、彼らは政治的な立場のゆえに裕福だったんですよ。純粋に宗教的立場しかもたなかった預言者達の中に、ジョエルとビクトリアのように宮殿を建てるほど裕福な人がいたという話は少なくとも聖書には載ってないです。贅沢するな、って聖書が言ってないんですねえ。本当ですか?牧師なんでしょう?もう少し、しっかりと聖書読んでください。

そして、彼らのヤンキーズスタジオでの伝道集会の映像を見ると、、、、、、

そこには、まるでヒトラーのように腕を振り上げて大衆を鼓舞するジョエルの姿が・・・・・・・

クリスチャンである私でさえ感じる異様な極右の、そして格差社会を拡大させようとする追い風がアメリカに流れていることを実感する瞬間でした。

貧しいものは貧しいままで満足すべき、経済的に恵まれている人はそれを享受すべきという、格差に対する圧倒的な肯定感。そして権力への迎合。

同じような風潮を近頃の日本のビジネス書ブームにも感じますが、アメリカの場合はこれが極右クリスチャンと結びついて他を排除sるという流れになりがちなだけに、日本のビジネス書ブームよりも危険性が高いと感じています。

正直に言って、私はオースティン夫妻が怖いです。彼らに心酔するアメリカ人が怖いです。

ジョエルの伝道メッセージは、無料でダウンロードして聞くことができます。あまりにもアメリカ人の評価が高いので、私も何回かダウンロードして聞きました。でも、途中で、あまりに聞き手を高揚させようという意図がみえみえの声調・口調に気味が悪くなって聞くのを止めています。

アメリカは、不況になるとこういう、鼓舞することが上手な人たちをリー
ダーとして選びます。彼らが思想的に偏っていても、そんなことはぜんぜん気にしません。

私は基本的には、教職者の説教は批判するものではない、と思っています。でも、ジョエルやビクトリアほどの影響力を有する人に関しては、話は別物だと思っています。

アメリカという国はどこに行ってしまうのでしょうか。

日本のマスコミは、宗教観に関するニュースはよほどのことがないかぎり報道しません。しかし、今のアメリカの精神的な支柱と呼ばれている人に対する監視は、諸外国のメディアの責務なのではないでしょうか?

|

朝9時のバスは湿布のにおい

パスポートの更新のために、バスに乗っています。

我が家の周辺はたくさんの大学病院があります。朝9時のバスは、通勤通学のラッシュが終わり、通院の高齢者が中心です。

乗車すると、湿布と軟膏のにおいガします。

| | トラックバック (0)

お味噌汁を付けると600円

081208_12290001本日のランチは、玄米、おくらと麩の味噌汁、大根とひじきの煮つけ、ほうれん草のお浸し、なめこと豆腐の和え物、納豆、おしんこの8品です。
これで、600円。

今日はほうれん草のおひたしですが、先日は胡麻和えを食べました。胡麻和えは白ゴマと黒ゴマの両方を使ってあって、ちょっと感動。

どの料理もはずれがない味です。

うーん、うーん、ちょっと気がついたことがあるんですが、いくら社食が安いとは言っても、ラーメンとかスパゲッティとか煮魚、から揚げなどは結構な値段がするんです。なので、メインディッシュで利幅をとっていて、私のような超伝統的な日本食という食事だと採算ぎりぎりなんじゃないでしょうか・・・・・・・・・

いや、そうはいっても社員の健康を考えると、こういう食事をさせた方がいいわけで、食堂の中にも「副菜をとりましょう!!」というポスターがたくさん張ってあります。

もしかして、副菜の値段をかなり安くしないと、現代日本人は野菜を食べないってことでしょうか。

|

アドベント第2日曜日

母教会の礼拝に出て、仕事を手伝って、山谷へ。

今日は、山谷に久遠ゴスペルクワイヤの皆さんが賛美に来てくださいました。

顎関節症が少しおさまったような気がして、歌ってしまったら痛みが再発ヾ( ´ー`)また明日から大人しくします。

帰宅すると、ツナと花梨が仲良く玄関まで出迎えてくれました。二人とも、退屈だったみたいで、一生懸命に私の気を引こうとしています。

寂しい思いをさせてしまったと反省しています。

この週末は、少し予定をいれすぎたみたいです。来週から気をつけます。

| | トラックバック (0)

ひなたぼっこより、花梨の毛づくろい

ひなたぼっこより、花梨の毛づくろい ひなたぼっこより、花梨の毛づくろい ひなたぼっこより、花梨の毛づくろい
ツナは静かにバルコニーでひなたぼっこをするのが大好きです。私が呼んでも顔を上げるだけで来てくれません。

でも、花梨が時々「ピルゥ」と なくと慌てて舐めに駆け寄ります。

花梨は昨日で8ヶ月。子猫という年でもないんですが、私にもツナにも甘やかされているので、かなり子どもっぽいままです。

つなはいつまで花梨を子猫扱いするんでしょうね。

|

社食だと、これで500円

社食だと、これで500円
この食事が500円でできるのが当たり前の人(大会社勤めや大企業に派遣されている人)と、コンビニ弁当に500円払ってランチをしている人では、生涯医療コストが全然違うでしょうね。

同じ年収でも、福利厚生の違いで生活はかなり変わりますね。

見えないところで格差が進むのだなあと実感しました。

| | トラックバック (0)

風ちゃん大きくなりました

風ちゃん大きくなりました

今年の春に小学校のエアコンの室外機の下にはまっていたところを消防士さんに救出してもらった風ちゃんです。

ツナとの折り合いが悪く(風ちゃんが暴れん坊すぎてツナが逃げ回ってしまいました)、義母に里子に出しました。義母は風ちゃんの後、豆ちゃんという黒い子猫を保護し、風ちゃんと豆ちゃんはとっても仲良く暮らしています。

里子に出したときは2キロ弱だったのですが、現在4キロ。2倍に成長しました。

何よりも、すごい暴れん坊だったのがうそのように、おとなしい思慮深い子になったとのこと。

うーん、子猫の時の性格って当てにならないですね~

我が家でバカリンと呼ばれている花梨ちゃんも少しは性格が変わって思慮深くなったり頭がよくなったりするのでしょうか・・・・・

|

お外に行く〜

お外に行く〜
すごい顔(・_・;)

| | トラックバック (0)

花梨3.4kg ツナ6,1kg

081202_07150002 ツナの体重は横ばいです。今週末が定期健康診断です。数値が安定していますように。

花梨は3.4kgになりました。種類的には、女の子でも5キロくらいになるはずなので、8ヶ月でこれくらいはちょうどいいのかな。

この写真、一見すると二人が並んでいるようですが、実は、結構離れています。もちろん、花梨がかなり手前にいます。

|

社員食堂でマクロビ

発芽玄米

納豆

わかめの味噌汁

カボチャと大根の煮付け

緑茶

以上で560円。

魚の煮付けをつけると780円になります。

でも周囲でこんな献立を選んでいる人は一人もおらず、カツ丼やカレーが大盛況でした。500円台で健康的に食事ができる機会なんて滅多にないのに、もったいないなあ。

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »