« 世界遺産登録に向けて最終の追い込み | トップページ | 皮肉なワーキングプア啓発記事 »

ロットリング社の撤退

この7年間程ロットリング社の4 in 1というボールペン3色とシャープペンが1つになっている細身のペンを愛用しています。

7年間で黒を20回程度、赤を6回、青を3回交換しました。また、一度、窓サッシにはさんで歪ませてしまい修理に出しました。

大切に使ってきたのですが、毎日使っているのでバネがバカになってしまったので、修理に出そうと銀座の伊東屋に持ってきました。

すると「昨年にロットリング社がボールペンから撤退したので、後何年かしたら修理ができなくなりそうです」というショックなニュースを伝えられました。

修理しながら使えば一生でも使える品質の商品なのに……

ショックを受けたものの、ダメもとで神保町の金ペン堂さんに「メーカー修理がきかなくなったら直してもらえますか?」と聞いたら「私が生きてるうちは大丈夫ですよ」と言われました。どう見ても80歳に手が届きそうなご主人なのですが、こちらは後継者難なのだそうです。

気に入ったものを直しながら使うということすらできない社会になっていくのかなぁ、とちょっと憂鬱になりました。

« 世界遺産登録に向けて最終の追い込み | トップページ | 皮肉なワーキングプア啓発記事 »

下町の生活」カテゴリの記事