« 机に向かう習慣が身につかないまま大人になってしまった割には勉強好き | トップページ | 生後2ヶ月の花梨 »

周囲にサラリーマンがいないと会社には勤めない可能性が高いのかなあ?

苗字館によると、私の旧姓は日本全国に約7000人います。そして、そのうち約5000人が長崎県と佐賀県と熊本県に居住中のようです。

そして、5つの町では、町内で最も多い姓名TOP5に入っています。この町は2つの県をまたがっているとはいえ、車で20分以内のエリアです。なので、このエリアに行くと、○○書店、○○文具店、○○医院、○○助産院といった看板を嫌と言うほど目にします。

私の旧姓に限らず、一部の姓は極めて狭い地域に固まって住み続け、全く拡散しないそうです。反対に、どんどん拡散して日本全国に住んでいる姓もたくさんあります。

この違いがなぜ生まれるのか、以前から不思議で仕方ありませんでした。

で、今回、勤務先を事実上追い出され(笑)就職活動をするにあたって、はたと気がついたことがあります。親族が、私の転職活動を不思議そうに話題にするんですよ。転職というものが、どうにも不可解な出来事のようなんです。

そこで、今更ながら気がついたのですが、2親等以内だと正社員で会社員をしているのは、私と私の母だけです。母を除く2親等以内は、農家、漁業、民生員、看護師、会社経営者達で、サラリーマンっていないんですよね。3親等まで広げると、サービスエンジニアをしている従兄弟が一人いますが、残りの約40人は、とび職・料理人・看護師・介護士・アクセサリーのデザイナー・映画監督・親の仕事の手伝いをしています。いとこ達の職業選択を見ていると、周囲にサラリーマンがほとんどいないため、大人になってからも会社に勤めるということのイメージがわかず会社員になりにくかったのかな、と気がつきました。

ようするに、ビジネス構造的に考えても、高給をもらえそうな仕事についている親族は皆無というわけです。一方で、会社に振り回されるような人生も歩んではいないわけです。

土地はただ同然のエリアですし、身内にとびや土建屋がいるので家も原価で建てられるし、野菜と果物は豊富に取れるし、貝は浜辺で拾ってくればいいし、たいしてお金がかからない生活をしています。

こうやって、あらためて眺めてみると、わざわざ故郷を離れてお金を稼ぎに上京しなければいけないような理由って、あんまりないんですよね。

これが、日本全国に拡散しない一因なのかなあ。。。。ただの思いつきだけど。

« 机に向かう習慣が身につかないまま大人になってしまった割には勉強好き | トップページ | 生後2ヶ月の花梨 »

仕事の選び方」カテゴリの記事