« 待ちに待ったEeePC901 | トップページ | Eee PC 901にぴったりのキャリーケース »

小学校でリスクマネジメントの授業ができないだろうか

小学生、中学生向けの情報モラル教育のボランティアをしています。(会社の仕事ではなく、完全にプライベートの活動です。無料でやっているので興味がある方はお声掛けください。)

子供たちがネットの危険性を学ぶ機会がないがために、あまりにも悲惨な事件に巻き込まれているにもかかわらず、多くの親たちはその事実すら知らないし、知ってもリスクという概念が乏しく、子供に的確に教育をすることができません。

小学校の時に、金利の計算を教えられ、借金をすることの怖さを教えられる諸外国と異なり、日本で普通に義務教育を受けていると、自分の生活に降りかかってくるリスクを予防し、実際にリスクが起きてしまったときには被害を低減するための知識を獲得するチャンスがあまりにも乏しいと思います。

先日、中学3年生と高校3年生の女の子と話していたら「デートDVについては教えられたけど、被害に遭ったときにどこに逃げればいいのか、どこに相談すれば良いのかは教えられなかった」と言います。

自分でリスクをハンドルするための知恵を与えなければ恐怖心を植えつけるだけでリスクマネジメントにはなりません。リスクマネジメントの教育では、事件・事故の予防方法、起きてしまった場合の被害の低減方法をセットで教えることが必須で、この両方を教えられない場合はかえって被害を拡大させる、というのが常識です。

しかし、多くのリスクに関する教育がこんな感じで、事件や事故の事例を紹介するだけ。起きてしまっても、それでも何とかなるんだよ、自分でコントロールしていくことができるんだよ、被害に遭ったからってそれで人生が終わりなわけじゃないんだよ、というメッセージを子供たちに発信していません。

本当は、親と学校と社会が一体になって、リスクマネジメントの概念を子供たちと一緒に学び、危険な情報であっても子供たちが自己選択で見る見ないを決められることが望ましいと思います。しかし、現代の教育システムでは、意思決定を行うことができるほどの自律性をはぐくめているとは言いがたいでしょう。この状況では、子供たちが危険そのものに触れる機会を制限するほうがましだと思います。

KDDI(ブランド名 au)がネット機能を排した子供向けの携帯電話を販売します。(読売新聞へのリンクはこちらから。)最善の策だとは思いませんが、現実を見ると、次善の策だと思います。

KDDIは以前からサイトのフィルタリング機能を提供するなど、ジュニア向け携帯の安全性確保に熱心なキャリアです。しかし、フィルタリング機能の利用率はなかなか上がらないようです。今回も、Docomo、Softbankに先行して子供向け携帯を発売はしましたが、子供が「ソフトバンクがいーーよ」などとごねたら、親はどうするんでしょうね。こういう活動は、全キャリアが同時に取り組まないと、契約回線を減らすだけになりかねません。

情報モラルの授業でネットの危険性や個人情報をどうやって悪用されるのかを知った子供たちは、とても興味を持って「他にはないの?」と聞いてきます。

私自身の専門分野ではないので自分で話をすることはできない内容も含まれるのですが、チャンスがあれば、ネットの危険性に関してだけではなく、怪我や病気予防のための人体や医学に関する知識、いざという時のためのリスクマネーに関する投資や保険に関する知識、雇用主にだまされなたいめの労働基準に関する知識など、生き抜くために必要な包括的なリスクマネジメントの概念をシェアできたら嬉しいなあ、と考えています。

ただ、教育改革となると文部科学省が管轄ですし、ネットに関してとなると総務省が管轄、金利や生命保険になると金融庁が管轄になって、なかなか一体化して話を進められないんですよね。。。。。

大学であれば企業の寄附講座として簡単に実現できるんですが、リスクマネジメントの教育は早ければ早いほど良いので、できれば小学校3-4年生をターゲットにやってみたいと思っているのですが・・・・

« 待ちに待ったEeePC901 | トップページ | Eee PC 901にぴったりのキャリーケース »

勉強方法」カテゴリの記事