« 先送りにし続けていること | トップページ | 多くのコンサルタントには「本気度」が足りない »

最適な仕事は経営者なんだそうです

コンピテンシーテストを受験しました。結果概要をコピペします。

7つの人材モデルに基づいて判断した結果、あなたが最もコンピテンシーを発揮しているのは「会社の経営を行ったり、事業の戦略を作る仕事」です。

(1)会社の経営を行ったり、事業の戦略を作る仕事(経営・事業企画など)
(2)販売・プロモーション方法を考えたり、店舗の運営をする仕事(店長、営業企画など)
(3)新しいアイデアを創り出す仕事(デザイナー、クリエーターなど)
(4)あるテーマについて研究したり、分析したりする仕事(研究開発、リサーチャーなど)
(5)任されたことをきちんとこなす仕事(事務、プログラマーなど)
(6)お客様の要望に日々対応する仕事(営業、販売など)
(7)お客様が抱える問題を一緒に解決していく仕事(コンサルタント、SE、コンサル営業など)
 

う~ん、そうなんだ・・・・

1番目と2番目がマネジメントで要求されるコンピテンシー、4番目と5番目が監査人として要求されるコンピテンシー、6番目と7番目がコンサルタントとして要求されるコンピテンシーです。

なので、現時点で担っている役割を果たすためのコンピテンシーは、それなりに備えているとはいえるようです。

しかし、自分では監査人としてのコンピテンシーが最も高いと思っていたのですが、監査人というよりは、プロジェクトマネジメントや事業マネジメントのコンピテンシーの方が高いという結果が出ました。ちょっと意外でした。夫のお店を乗っ取って経営してみますかね(笑)。

とはいえ、もともとコンサルティングファーム(&研究機関)の管理部門として会社を作り上げるという仕事をしてきたわけなので、社外向けのコンサルティングサービスや監査サービスよりは、事業戦略を練って組織を成長させていく、というコンピテンシーが高くても当然なのかもしれません。

こういうテストを受けて、自己認識を新たにするのも面白いですね。

« 先送りにし続けていること | トップページ | 多くのコンサルタントには「本気度」が足りない »

自分を良く知ろう」カテゴリの記事