« ピッキオの森で夏休み! | トップページ | はじめまして »

多様性を受け入れられずに衰退し続けている組織

前夜式と葬儀が5つもたて続きにありました。(前夜式はキリスト教式のお通夜のようなものです。)

私は月曜日から夏休みを取っていて、もともとはサマーキャンプ(教会のお泊まり会)のお手伝いをしようと思っていました。ところが、上述のとおり知人の葬儀が続いたため、東京に残って葬儀に参列したり、ゴスペルクワイアで歌を歌ったりして過ごしています。

昼間から教会や集会堂に顔を出す機会はほとんどないので、昼間の教会の様子が少しわかって、おもしろいなあ、と思います。と同時に、会社だけじゃなくて、教会でもニッチな「ワーキングウーマン」というカテゴリーに自分が所属していることを、嫌でも思い知らされます。

私は社会人になって10年間は、女性だからという理由で差別や違いを感じることが全くありませんでした。これは、完全な外国のベンチャー企業-外資というだけではなく、従業員も日本人がマイノリティで日本では登記もしていないという組織-に籍があったためです

(10年前にどういうきっかけで「やっぱり女性はマイノリティなんだ」ということをまざまざと思い知らされたか、ということは近々お書きさせていただきます。)

この「会社では一切差別をされていなかった時期」に、私は教会が居心地が悪くて悪くて仕方がありませんでした。この感覚は、今でも続いています。

それはなぜかというと、古くからある日本のキリスト教会の多くが、徹底した性別と年齢と家族構成の違いによる役割分業の上に仕事が割り当てられて、それに従うことで教会を円滑に運営していくことができるように組織づくられているからです。

ノンクリスチャンの方は誤解をしていることが多いようですが、教会は「天国」でもなければ、「聖人君子の集まり」でもありません。単なる「この世の縮図」です。神様を信じていたからと言って、罪を犯さないわけでもなく、これといって特別な人たちの集まりではないのです。そのため、この世の中で直面する問題や課題の多くが、凝縮した形で教会には表れてきます。

その問題・課題の1つが、この性別・年代による分業です。

古き良き日本の社会は、性別・年代・結婚の有無によって社会的な役割が決められていました。独身者は独身者で集まり、若いパワーを集結し、結婚している女性は昼間に教会に集まってバザー用のクッションを作ったり礼拝の準備をしたり、教会員向けの手紙を書いたりします。結婚をしている男性は、昼間に女性たちが整理をしてくれた会計書類や手紙などに目を通し、ビジネスで獲得した専門スキルを生かして、教会経営が円滑に進むように締めるべきところは締めていく、といった役割を担います。

まさに、大草原の小さな家です。

ところが、この分業、はっきり言ってしまえば、完全に時代遅れで全く時代の変化に対応していません。

働いている女性がいる、という前提自体がないし、専業主夫など想定外です。ましてや、バリバリ働いている女性なんて、存在すら無視されています。

もちろん、教会の中には「貧しい人」「病気の人」「障害がある人」など、有史以来存在している多様性は、しっかりと根付いています。サラリーマンだけではなく、自営業、芸術家など、昔からある働き方も受け入れられています。ですから、「結婚退職を前提とした腰掛けOLとバリバリと健康に働いている男性社員だけ」がいた、という多くの日本の大企業ほどの画一性はありません。しかし、そうは言いながらも時代の変化と向かい合わず、画一化した過去の性別・年代役割分業に固執していることには違いがありません。

例えば、既婚の管理職の女性が、仕事と結婚のバランスで苦労していて相談したいとします。

婦人会(既婚女性が所属する会)に来てみました。仕事をセーブするように言われます。仕事はほかの人でもできるけど、家族に代わりはいない、と言われます。それを聞いて「ふざけないでくれ、確かに仕事がすべてではないけど、部下を育成することと子育てと、どっちも大きな責任があるんだよ!」と腹を立てて、二度と婦人会には顔を出さなくなるのがおちでしょう。

青年会(未婚男女が所属す会)に来てみました。比較的若い彼らは、管理職の悪口を言いたい放題で、管理職の苦労など想像しようとすらしません。あげくのはてには「上司のために祈れるわけない」などと、あなたに向かって言葉を投げつけてきます。(実際にこれを経験した時の記事がここにあります。)

最後に、壮年会(既婚の男性が所属する会)に来てみました。もう、結論は見えてますよね。会社で言われる厭味や嫌がらせと同じことが繰り返されるだけです。

これは、あくまでも「私」を当てはめてみただけで、実際には誰を当てはめてみても、ピッタリとするカテゴリーはほとんどなく、今のキリスト教会には比較的若い人たちがいる場所がどこにもないのです。

この結果、多くのキリスト教会では信徒の数は激減の一途をたどっています。若いクリスチャンは「神様は信じている。イエスさまは信じている。でも、教会には行かない。」と言います(私が文句を言いながらも教会に通い続けるのは、組織心理学を専攻する者として、特定の価値観を所与として運営される組織の将来に対する純粋な興味があるからではないか、とシニカルに感じてしまうことが多々あります)。

というわけで、日本のキリスト教会で若者の姿を見かけないのは当然だと思っています。

ひと昔前は会社で差別がなかったため、教会の特殊性なのだと思っていましたが、2000年から直面することになった差別問題を通して「教会の姿は何も特殊ではなく現代の日本の価値観を縮小して問題をあぶりだしているだけ」なのだと気がつきました。

教会は、職業や収入・健康状態という側面では多様性(ダイバーシティ)を実現しています。日本の多くの企業と比較すると、はるかに多様性を実現しているといえるでしょう。

しかし、こういう教会ですら、性別・年齢・家族構成(独身・既婚)・性的志向(ストレート・ゲイ)という多様性を受け入れずに運営をし続けた結果として、組織として衰退しつづけています。

私は、教会が衰退していく様子を傍流から眺めてきました。傍流から眺めていると、主流の人たちと、傍流からも離れていく人たちの違いが良く見えるものです。

いろいろと書きましたが、教会の人間関係は温かい側面もあり、教会生活というのは楽しいことも多いです。しかし、今のままでは教会は衰退していくままでしょう。それは、教会の中心を担っている世代が、聖書ではなく自分たちの価値観に基づいて教会を運営しようとしている以上、避けようがないことだと思います。

多くの社会インフラを整備してきた宗教団体(キリスト教だけではなく)が、世代継承ができずに縮小の一途をたどっています。宗教団体に所属している人の統計数値だけを見て「豊かになった日本に宗教は不要になった」というマスメディアもいます。しかし、諸外国に目を転ずれば、高度成長期には無神論者が増えるものの、その後の安定期には信仰に回帰する人が多く、必ずしも正しい仮説ではないように思われます。どちらかというと、日本の多くの宗教団体が、時代の変化についていけず、古い価値観を保持しようとした結果、精神的支柱となるチャンスを棒に振って、スピリチュアルブームがその代りを埋めてくれている、という方が正しいのではないでしょうか。

そしてこれは、会社組織にもそのまま当てはまる原則なのではないでしょうか。

現在 会社を運営している中心層の価値観。それは、これから会社を作っていく中堅や若手の価値観とは異なります。どちらが正しいとか、間違えているということではなく、違いがあるのです。

何らかの決断をする際に、その決断が差別に基づいていないか、自分にとっては当たり前でも他の性や年齢層にとっては異様に映らないか、考える習慣を持っているでしょうか?

私の目の前で「会社を活性化するために、就業時間外に飲み会に自由に行けるように予算措置をしよう。やっぱり、飲みにけーしょんが一番大切だ!」と力説した人がいました。「つまり、介護をしたり育児をしている人はいらないってことですね?」「就業時間内に人間関係を構築できない人を優遇するってことですね?」と突っ込もうかと思いましたが、バカらしくてやめました。何十年もかけて蓄積した価値観をそんなに簡単に変えることはできないでしょうし、変えたくもないでしょう。それよりも、私の忍耐力と彼らのこれから先残されている社会人人生を比較して、彼らの社会人人生の方が長そうなら無言で人間関係を断つ(自分の会社なら転職する、他社なら取引を止めるか別の人に仕事を振る)方が懸命だと感じたからです。

差別を生みだす可能性が高いとうことに気がつかず、自分の価値観を他人も持っているという前提でしか社員に接することができない幹部社員達。彼らの姿を見るたびに、衰退し続けている日本のキリスト教会と姿が重なります。

これから再び前夜式に向けて出発です。もし、夏休みをとっていなかったら、疲労で倒れていたことでしょう。

« ピッキオの森で夏休み! | トップページ | はじめまして »

反面教師から学ぼう」カテゴリの記事