« 一流の会社を見分ける方法 | トップページ | 小学校でリスクマネジメントの授業ができないだろうか »

待ちに待ったEeePC901

世間のIT関連ニュースがiPone一色に塗りつぶされる中、ひっそりと発売されたEee PC 901。半年待ったかいがある、優秀なマシンです。

emobileとの2年契約で実売価格一万二千円で白を買ってきました。

レッツノートRシリーズを使い続けてきた私がEeeに乗り換えた最大の理由は、価格ではなく、デザインと大きさです。(もちろん、実売だと10分の1未満という価格差も魅力のひとつではあります。)

大きなかばんを持てば持つほど、肩や腰から末端までの距離が長くなり、コリや痛みの原因になります。私は、肩甲骨に爆弾を抱えているので、特に肩周りの健康には十分すぎるほどの配慮をしていて、大きなカバンは持たない(または持つときは斜めにかけて重さを分散する)ようにしています。

某親友のように議員会館にもどこにでも、バイク便と間違われかねない斜めがけカバンで参上する覚悟はないので(笑)、可能な限り小さいカバンに入るビジネスに耐えられるスペックのマシンを利用することは、健康増進上、とても有益なのです。

音、画面速度、画面の大きさ、キーボードレスポンス、マウス(すっごく可愛いです)、どれをとっても超お勧めです。私は話すスピードよりもキーボードのほうが早いため、画面がついてこられずに固まることがあるのですが、901ではメモリを増設しなくても、そういったことはなく、スムーズに稼動します。

画面サイズもLet'snoteRの10インチと比較すると、たしかに「ちょっと小さいなあ」とは感じます。ただ、ウェブサイトを見たり、ポッドキャストビデオ・ラジオを聴く、ワードやエクセルで簡単な修正をする、といったサブマシンとしては十分な大きさだと思います。スタンバイからの復帰が割と早いので、電子辞書代わりにも使えそうです。

なのですが、1つだけ大誤算がありました。

このマシン、以前のタイプよりも少しだけ大きくなっています。そのこと自体は知っていた購入したのですが、なんと、付属でついてきたキャリーケースが、以前のタイプのものそのままなんです。

というわけで、付属のキャリーケースに入れると、かなりギチギチで、取り出すのが大変です。入らないわけではないですが、これは、かなり使い勝手を損ないます。コストを最大限にカットして廉価で発売しているので、こういう細かいことに文句を言えるメーカーではないことは承知しているのですが、特殊な形・大きさなため、市販のキャリーケースを使いにくく、付属品を使わざるを得ません。有料でも良いので、901にぴったりのキャリーケースを販売してほしいものです。

キャリーケースが当選するキャンペーンがあるので応募してみました。当たるといーなー。

« 一流の会社を見分ける方法 | トップページ | 小学校でリスクマネジメントの授業ができないだろうか »

近況報告」カテゴリの記事