« 勉強本ブーム | トップページ | やっぱり来ました »

入谷朝顔市に行かない初めての夏

月曜日に咽頭炎にかかり、そのまま悪化して気管支炎に。ようやく症状が落ちついて、普通のカゼっぽくなってきました。鼻水が出て苦しいけど、気管支からは炎症が消えた証拠なので一安心。

東洋医学では、カゼを引くということは必ずしも悪いことではなく、身体を定期的にメンテナンスする作用があると考えます。東洋医学的には、カゼもひかないので体調管理は完璧です、という人は「うーん、それって脳溢血でころっと逝っちゃうんじゃないの」という懸念を抱かせます。

この本(「風邪の効用」野口晴哉著)、4-5年前に復刊されて、ベストセラーになっているようです。とても良い本なので是非ご一読下さい。身体感が変わると思います。

とはいえ、タイミングがなあ・・・・・。物心ついて以来 初めて、入谷の朝顔市を全く覗きにいきませんでした。遠方に住んでいたときですら、わざわざ帰省して遊びに行ってたんだけどなあ。

梅雨は、EDWINの地元還元セール、朝顔市、ほうずき市という、東京北部の下町っ子にとっては、ワクワクすることが続く季節です。早く体調を戻して、ほうずき市には行きたいです。

家にずーっといるので(土曜日に通っている学校も今日はお休みしました)、パンをいくつも焼いてしまいました。外出せずにパンばっかり食べてたら、太りそうな気がします。

« 勉強本ブーム | トップページ | やっぱり来ました »

隅田川河川敷の話」カテゴリの記事