« できない役割をできないと言う選択をする | トップページ | 今 恵比寿駅前で配布中 »

アルコールが壊すもの

本日の夜中の2時に、マンションの入り口付近でものすごい大きな音がしました。車がつっこんできたのか、と思いました。今朝は早起きだから無視して寝ていようかとも思ったのですが、我が家の上階のお宅では子供が起きだしてしまったようで、家の中を走り回り始めてしまったので、寝ていることできずに起きることにしました。

しばらくすると警察の無線が聞こえてきたので、警察が到着しているのであれば顔を出しても大丈夫かな、と思い覗いてみました。すると、明らかに泥酔しているということが分かる男性が、後ろでに手錠をかけられ、フラフラになりながらパトカーに乗り込むところでした。

今日のお昼にマンションの管理人さんからの説明がありました。マンションに遊びに来ていた人が泥酔して、帰り際に郵便受けの近くにあったゴミ箱を振り回し、オートロックのガラス扉を蹴ったり、ゴミ箱で叩いたりしていたそうです。玄関近くの部屋の住人が110番をし、5分で警察官が到着。ただちに泥酔した男性は逮捕され、その後到着したパトカーに乗せられて拘留されたとのことでした。

私が聞いた音は、ゴミ箱で玄関を叩きまわっていた音なんですね。オートロックにヒビが入り、郵便ポストに傷がつき、今日の修理だけで100万円近くかかったそうです。保険がきくのか、加害者が払うのかは不明ですが、結構な額です。驚きました。

で、何でこのブログを書いているかというと、この事件そのものではなく、この事件がらみであった会話で少し落ち込んだからです。

ついさきほど隣の奥さんとエレベーターで一緒になりました。奥さんは、私の顔を見るなり「うちの人じゃないんですよ」と声をかけてきました。

分かってます。フラフラ歩いている男性を見てますから・・・。でも、一緒に飲んでいたのはその旦那さんでしたが。。

でも、奥さんの気持ちもよく分かります。そちらの旦那さんは、いつ会っても酔っ払っているし、一度は、マンションのエントランスで泥酔して怪我をして横になって寝ていたこともありました。こういう旦那さんですから、娘さんは、家の外ではお父さんと絶対に口をきかないそうです。

この旦那さん、奥さんが「うちの人じゃないんですよ」と近隣に声をかけなければいけないほどのストレスを与えていると理解しているのでしょうか。

今から25年程前、私の母は同じことを近所に言って回っていました。父のアルコール依存が日増しにひどくなり、家族にたいする暴力と物を破壊するという行為が日常茶飯事でした。そんなときに、路上で小学生が酔っ払いに殴られるという事件がありました。ちょうど、父は遠方に出かけていて不在でした。私の母は、近所の人に会うごとに「うちの人じゃないんですよ。うちの人、今は北海道にいるんです。」と言ってました。

今日の会話は、昔の母の姿と重なりました。当時の私の気持ちも思い出しました。隣の奥さんと娘さんが、毎日、どういう思いで生活しているのかを考えると、切なくて切なくて涙が出てきました。

なぜ、ここまで家族を悲しませても、お酒をやめられないのでしょうか。私の父も、隣の旦那さんも、仕事のストレスが大きな原因でアルコールに逃避しています。仕事って、そこまでして続けなければいけないものなのでしょうか?

私には、私の父の選択も、隣の旦那さんの選択も、どうしても理解できないのです。

今日は、隣の奥さんと娘さんのことが悲しくて、切なくてたまりません。心の傷が癒されるように、心からお祈りします。また、隣の旦那さんが、お酒に逃げなければいけない原因と向き合い、最良の選択をすることができますように。

« できない役割をできないと言う選択をする | トップページ | 今 恵比寿駅前で配布中 »

反面教師から学ぼう」カテゴリの記事