« 夜の新宿 山手線 | トップページ | 何にワクワクするかは人それぞれ »

差別教育って、会社の責任ですか?

外資系や、エクセレントカンパニーと呼ばれる企業勤めが長いことと、クライアントも、日本に進出している外国企業が中心でしたので、露骨な女性蔑視表現に触れることはあまりありませんでした。

しかし、今の勤務先に移ってからは「女性は働く仲間としてみることはできない」「女性って、同僚とは思えない」といった露骨な女性差別表現に触れることがちょくちょくあります。

ここまで直接的な差別表現ではない、差別意識にはほぼ毎日触れています。

今日も、男性に対しては自分の普段のままの口調で話すのに、私に対してだけは「あたしは、あたしは」と、女性の口真似をして話す人がいました。

ちなみに、私は、自分のことをぜったに「あたし」とはいいません。「わたし」または「わたくし」「自分」と称します。おそらく、お子さんの口癖か、キャバクラの女の子の口真似なのかと感じられました。(かなり莫迦っぽい口調だったので、普段、一体どんな女性が周りにいるのだろう、と考えてしまいました。)

普段からの差別意識や蔑視が、何気ない一言や表現にあらわれているだけであって、私に対する個人的な蔑視ではなく、女性全体に対する蔑視なのだということはよくわかっています。ですから、個人的侮蔑として受け取ることはありません。

女性を、対等なプロとしてはみなさず、言葉の端々で小ばかにする表現をする人って、いまだに日本のおぢさんにはたくさんいるんだなあ、と改めて実感させられています。

おそらく、家族もこうした表現に違和感や嫌な思いをしていたのでしょうが、さらされているうちに慣れてきてしまったのでしょうね。こういう人に対しては、慣れて何も感じないようになるか、バイバイするかしかないのだと思います。

家族と違って、会社やクライアントの場合はバイバイすることができるので、かなり気楽です。

しかし、本音を言えば、こういう表現にさらされているご家族をかわいそうだと思うと同時に、家族は世間に対する責任としてこういう差別表現を使うおじさんに対してきちんと教育をしてもらいたいものだとも思います。

差別意識を教育するのは家族の責任なのか、それとも会社の責任なのかと問われると、私は「家族の責任」だと思います。しかし、長年こうした蔑視にさらされてきた家族としては、それを受け入れて慣れるしか選択肢はなかったのではないでしょうか。こうした表現にいちいち反応していたら、精神的に持たなかったのではないかと思います。

ですから、差別意識や差別意識に基づく蔑視表現に対しては、ある程度、会社が教育するしかないのかなあ、と感じています。

« 夜の新宿 山手線 | トップページ | 何にワクワクするかは人それぞれ »

ビジネスに役立つ話し方(声・言葉遣い)を学ぼう」カテゴリの記事