« オーブンを買いに行ったけど | トップページ | 夜の新宿 山手線 »

生のトマトも消化できないようだ

私は、赤身の肉の脂を消化することができません。正確に表現すると、消化できなくもないのですが、消化をするためには、多大なエネルギーを消費するため、大変に体力を使い、疲れてしまうし、胃腸も疲弊するので、食べると体調が悪化します。このことは、小さい頃から、赤身肉を食べてから2-3時間で胃が重くなるので体感的に理解していました。

チーズを食べると同じような症状を呈する家族もいます。

日本とアメリカでは同一ブランドの市販薬の成分構成がかなり異なります。これは、薬事法が異なるというだけではなく、主に人種による消化酵素の違いが原因です。しかし、消化酵素の構成は、実際には人種だけではなく、かなり個体差が大きいです。

ここ数年間、青汁しか飲んでいない青汁オバサンという人の消化酵素を調べたら、動物性たんぱく質を分解する酵素がほとんどなく、かなり牛に近かったというデータを見たことがあります。この方の場合、生まれつき草食動物に近い酵素であったのか、完全菜食を続ける中で変質していったのかは不明です。

近頃のBSE騒動を見るまでもなく、草食動物である牛に肉を食べさせるというのは異常な行為です。牛は、草だけを食べてあの大きな体を維持することができるように創られているのであって、肉を食べる必要などありません。同じように、草食動物とほぼ同じ酵素しか持たない人に乳製品や肉を食べさせるのも異常な行為ですし、不必要な行為です。

私の場合は、乳製品を効率的に活用してたんぱく質に変えることが出来る体質です。ですから、アーユルヴェーダの考えにあるように「チーズは完全食!」と言ってチーズばかり食べていても、多分、元気でいられます。しかし、具合が悪くなる人もいます。反対に、焼肉屋で霜降り肉を山のように食べても元気一杯な人もいますが、私は具合が悪くなります。

これは、好き嫌いの問題ではなく、単なる体質の違いです。

日本の学校給食は、アレルギーでもないかぎり、体質に合わない食べ物を食べることを強制します。何でも食べることが正しいことだと教育します。しかし、体に合わない食べ物を数十年食べ続けたら、どうなるのでしょうか?アレルギーが悪化したり、自律神経のバランスが崩れるのは当然なのではないでしょうか?免疫力も下がりますから、さまざまな疾患にかかりやすくなるとも思います。

イギリスの総合病院に行くと、自然療法科(総合化、初診という名前の場合もあり)という科があります。そこでは、フィジオセラピストと呼ばれる人達がいます。フィジオセラピストは、ホメオパシー、ハーブ、マッサージ、鍼灸、カイロ、整体といった幅広い代替療法と、運動生理学、解剖学を学んだプロフェッショナルです。日本の代替医療制度とは異なり、医療制度の一貫として扱われていますので、保険が使えます。体質確認のために血液検査や毛髪検査、MRI、CTなども活用して生まれ持った気質と体質・現在の体質を確認するところもあります。

彼らは、患者さんの体質を確認しながら、まずは食事や運動などの側面から生活を立て直すことで慢性疾患や不定愁訴を解決できないかを探ります。そこでも解決できない場合に、薬剤投与という方法を選択します。

イギリスの総合病院と日本の総合病院で75歳の女性に対して処方している薬の種類を比較すると、日本はイギリスの3倍以上という統計数値があります。日本の保険制度が破綻する原因の一つが、高齢者への薬剤の過剰処方です。その解決策の一つとしても、イギリスの取り組みは参考になると思います。

などと偉そうに書いていますが、何のことはない、実はこの体質検査をやりたくてやりたくてたまらないんですよ(苦笑)。

本当は、この検査をしなくても、体に合っている食べ物と合っていないものは、かなり把握しています。多分、自分の理解と検査結果はそれほど差がないと思います。でもね、やりたいんだなあ。

今までは、イギリス・アメリカ・ドイツなどに行かないとできなかったんだけど、いつの間にか日本でもこの検査をする施設ができてるんです。

ウェブサイトを見ると、

●自分に合う食材、合わない食材(肉、魚、野菜、飲み物、調味料、サプリメントほか)
●自分に不足しがちな栄養素
●自分に起こるストレス反応と対処法
●自分に合った運動法
●なりやすい病気とその予防法
●体内時計と睡眠のバランス

などが分かると書いてあります。主催者はイギリスの自然療法科で働いていた日本人のようです。

し・か・し、高~い!!

イギリスで受ける3倍近くの単価です。健康保険が使えませんし、検査を受ける人も少ないでしょうから、固定費(フィジオセラピストの人件費と臨床検査器具)を考えると、この値段になるのは当然だとは思います。思いますが、なかなか、あっさりと出せる金額ではないです。

今週に入ってから、疲れていると生のトマトを消化するときに胃に負担がかかっていることに気がつきました。他にも、多分、苦手な食材やハーブがあるはずです。

保険、どうして使えないんだろう。この検査を保険使ってやらせて、体調に気をつけるようにさせたら、生涯医療支出は激減すると思うんだけどなあ。

« オーブンを買いに行ったけど | トップページ | 夜の新宿 山手線 »

自分を良く知ろう」カテゴリの記事