« 仕事に役立つ歴史古典入門 | トップページ | ヤマ2:アステーヤ(不盗)に対する私の考え »

ヤマ1:アヒンサー(非殺生)に対する私の考え

朝起きてエアコンをつける、電車に乗る。

こうした行為の裏で、発電所で大量のエネルギーを排出し、自然界にとっては不自然な排出が起きる。たとえ完全菜食を守れたとしても、田を耕す課程で生き物を殺していることには違いがありません。だから、自分や他人を傷つけなくとも、自分や他人を支えてくれているすべてを傷つけずにいることはでいないでしょう。

心から感謝して、私を生かすために命を投げ出してくれた生物が天国で神様の祝福を受けるようにと祈ったとしても、私が生きるために殺したことには違いがないと思います。だから、私は、私が生きている間にアヒンサーを実践することは不可能に思われます。

そもそも、私はイエス・キリストを私の身代わりに十字架にかけて殺したんですから、アヒンサーなんて、とんでもないです。

« 仕事に役立つ歴史古典入門 | トップページ | ヤマ2:アステーヤ(不盗)に対する私の考え »

ヨガ・ピラティス」カテゴリの記事