« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

のんびりした休日

のんびりした休日

パンを焼きました。

焼き上がりの見た目は少し発酵不足かと思ったんですけど、味見したら、もちもちした全粒粉の味がして美味しかったです。

母は全粒粉パンとライ麦パンが大好きで、私は全粒粉の木の実パンが大好きです。ところが、アーモンドアレルギーがある家族がいるので、最寄りの自然食品店で売っている木の実パンが食べられません。

このパンには、くるみと松の実を入れました。自宅で作ると何が入っているか分かるので、安心ですよね。

でも、天然酵母を使い切るためには2週間以内に、後8斤焼かなければいけません。

自宅で天然酵母パンを作る最大の問題は食べ過ぎてしまうことだと思います(苦笑)

|

ヤマ3:サティア(正直)に対する私の考え

嘘も方便、という感覚はありませんが、仕事ではある特定の目的のためにお客さまや同僚に対して虚実入り交えて話をすることが多くあります。

特に将来予測をする時など、嘘を言っているのか、言っていないのかは受取手の考え次第のところもあります。私自身があくまでも予測というつもりで話していても、お客さまは「間違いなく将来発生する事実」として受け取ることも多いです。

こんなとき、どうしたらよいのでしょうか。「起こるかどうかはわからないし100%の自信はないですけど、今はこうした方がいいですよ」などとアドバイスをしたら、かえってお客さまは混乱して、ネガティブな印象を受けてしまうのではないでしょうか。

コミュニケーション能力がもっと向上すれば、こうした誤解は少なくはなるのかもしれません。でも、現時点で実践したら、おそらく仕事に支障が出てしまいそうです。

とはいえ、常に完全に正直でいられたら、私の場合はほぼすべてのストレスから完全にフリーになりそうです。

|

ただいま打ち合わせ中の営業さんの足元

ただいま打ち合わせ中の営業さんの足元

なぜ、スーツの足元にテニスソックス??

少なくとも、私は、この人からモノやサービスを買うことはありません。

|

ヤマ2:アステーヤ(不盗)に対する私の考え

もの、時間、労力、エネルギーなどを不当に人から奪わずにすむように、タスクやスケジュールを管理し、必要な人とはシェアするようにしています。また、不必要なものを買ったり、食べたりすることも少ないと思われます。
しかし、動植物の立場に立つと、私は他の人間と同じように、不当に彼らの命を脅かし、権利を奪っています。
例えば、今私がこうした作業をしているこの空間は、おそらく30年前は野原で、そこで生活する動植物がいたはずです。この土地で生きる権利を不当に奪った人間がいて、私はその人が建てた建物で作業をしているわけです。これは人が盗んだものを使っているのであって、私が盗んだことと何も代わりがありません。
こうした視点に立つと、今の生活のままで不盗を実践することは不可能に思われてきます。

これが完全に実現された世界が天国であって、神様の存在を常に身近に実感する世界なのではないでしょうか。

|

ヤマ1:アヒンサー(非殺生)に対する私の考え

朝起きてエアコンをつける、電車に乗る。

こうした行為の裏で、発電所で大量のエネルギーを排出し、自然界にとっては不自然な排出が起きる。たとえ完全菜食を守れたとしても、田を耕す課程で生き物を殺していることには違いがありません。だから、自分や他人を傷つけなくとも、自分や他人を支えてくれているすべてを傷つけずにいることはでいないでしょう。

心から感謝して、私を生かすために命を投げ出してくれた生物が天国で神様の祝福を受けるようにと祈ったとしても、私が生きるために殺したことには違いがないと思います。だから、私は、私が生きている間にアヒンサーを実践することは不可能に思われます。

そもそも、私はイエス・キリストを私の身代わりに十字架にかけて殺したんですから、アヒンサーなんて、とんでもないです。

|

仕事に役立つ歴史古典入門

昨年末、私がいたチームメンバーに「そろそろ、新しいビジネス書だけではなく古典にあたって欲しいなぁ」という話をしました。

資本論や武士道などは、プロフェッショナルとして働く上で、自分自身の核となりますし、お客さまとお話しする上でも、有益だからです。

ただいま発売中のPRESIDENTは、まさにこうした目的の特集を掲載しています。今年、あまり古典に触れなかった方は、ぜひ、目を通してみてください。

私の愛読書である新渡戸の武士道が、まさに私の仕事そのもの(コンプライアンスマネジメント)の参考書として例示されていて、ちょっとおかしかったです。

|

クリスマスコンサート

クリスマスコンサート

明日は青山学院 聖歌隊のクリスマスコンサートです。

http://choir.suppa.jp/06/

先々月の定期演奏会も素晴らしかったので、とても楽しみにしています。
風邪が流行しているようですが、聖歌隊員は大丈夫でしょうか。少し、心配です。

|

こんなに暖かいのに

こんなに暖かいのに

なぜ、ファッション業界は毛皮を流行らせているのでしょうか。

ヨガスタジオのコートかけに毛皮やファー付きジャケットがずらりと並ぶと、かなり違和感です。
洋服は 防寒という目的があるので まだ分かりますが 軽いものしか入れない小さいカバンにファーが付いていたり 革製だったりする理由が全く分かりません。

牛革のヨガマットケースを作ってしまう国だということは分かってはいますが、、、

ちなみに、牛革のヨガマットケースは新装開店した銀座西武百貨店のスポーツ商品売り場のイチ押しアイテム、になっていました。

|

笑った

友達と口げんかをしました。そしたら、グレッグそっくり!って、怒鳴られました。

グレッグというのは「ダーマ アンド グレッグ」というアメリカのコメディドラマです。

自分でも、以前から思っていたので、思わず笑ってしまいました。

|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »