« 両手がふさがっている人にティッシュを配りますか? | トップページ | ダイバーシティがあたりまえじゃない社会 »

尺骨神経麻痺

つい先週まで、なんて読むのかもよく分からない漢字でした。

しゃっこつしんけいまひ

と読みます。野球選手など、肘や薬指・人差し指の使いすぎが原因で骨が変形して神経と骨がさわって起きる腕の麻痺症状です。私の場合はキーボードとマウス、ようは仕事のしすぎが原因と思われます。

先週の水曜日に朝起きたら右腕の感覚がなく、さわるとひどい痺れがはしり、腕から頭にかけてハンマーで殴りつけられたような激痛が走ります。

あまりの痛みに、近くの接骨院の院長に診てもらったら、なにやら難しい説明をされて「とにかく大人しくしてろ」といわれたので丸3日、キーボードとマウスを使わず、携帯と音声入力だけで仕事をしてました。

週末には痛みが引いたので調子にのって、たまっていた提案書を作ったら2時間で激痛が襲ってきて、提案書は途中であきらめてお客様に事情を説明して中途半端なものを提出。1日大人しくしていたら日曜日にはおさまったので元気に礼拝に行ってきました。

すっかり大丈夫かと思っていたのですが、月曜日に傘をさしていたら痛みがぶりかえし、院長に怒られ、本日は大人しくしています。

じゃあ、なんでブログなんか打ってるんだ、ってお思いの方、これ、音声入力で打っています。日本語で音声入力しようとすると、たったこれだけの文章に1時間半かかります。英語だともっと認識率がいいんですけど(私の日本語がなまっているのか、それとも日本語認識アプリの品質が低いのか)。

というわけで、ココログのシステムメンテナンスが終わったのでたくさん書こうと思っていたコンテンツがあるのですが、1週間程度、安静にします。

パソコン依存症の皆さん、指や肘の使いすぎには気をつけてくださいね。

« 両手がふさがっている人にティッシュを配りますか? | トップページ | ダイバーシティがあたりまえじゃない社会 »

自分を良く知ろう」カテゴリの記事