« モラルハザードと回復の軌跡 | トップページ | ちょっと体調が悪いのです »

会社のために祈るって難しい??

このサイトに来てくださっているクリスチャンビジネスマン、クリスチャンビジネスウーマンの皆さんに質問です。

会社のために祈るって、難しいですか?

教会で、青年部の皆さんと話していると、全員が口をそろえて「会社のために祈るのって難しいよね」と言います。

  • 会社でも信仰をまっとうできるように
  • 会社で人間関係がうまくいくように
  • 仕事が締め切りに終わるように

など、自分中心の祈りはできるし、しているけれど、純粋に会社のため、上司のために祈るって難しい、と言われました。

それを聞いた私を含む管理職達(私以外は全員壮年部)は頭を抱えてしまいました。「部下に祈ってもらえなかったら、どうやって私達は管理職なんかやっていけると思ってるんだあああああ!」

声には出しませんでしたが、かなりの絶望感に陥りました。(←本気です。全然誇張してないです。)

私は、部下にとても恵まれていると思っています。彼らは、私のことだけではなく、会社全体をとてもよく支えてくれていると感謝しています。

それでも、彼らが神様につながって、神様に私のことを祈ってくれるわけではありません。彼らは、人間としての限界を抱えたままで支えてくれています。とても疲れると思います。私や会社のことを疎ましく思うことも当然あると思います。そうである以上、わがままかもしれませんが、青年部の働くクリスチャン達に、全企業のため、全管理職のために祈って欲しいんです。

確かに、社会人になりたての頃は私も会社・上司のために祈れませんでした。管理職が何してるのか分からなかったから。でも、会社の仕組みが分かってくればくるほど、感謝の思いと、重圧に負けない強さを彼らが失わないようにと祈らずにはいられなくなりました。

今、私は、家族のことを除くと、会社のことを一番祈っていると思います。(次はお客さまのこと、かな。)

  • 会社が時流に流されず、神様の定めた本来のあるべき組織のあり方を維持できるように
  • 神様が社長・事業本部長として選び、擁立されている人たちがエゴではなく愛を持って本当に必要なこと・正しい決断をすることができるように
  • 全スタッフが、まずは上司を信頼し、うやまうことができるように
  • 愚痴や批判・非難ではなく、自分自身のできることに目を向ける組織となることができるように
  • 管理職が、傲慢さをなくし、へりくだって、謙遜に、感謝を持って全従業員と交わることができるように

そして、何よりもまず、私自身がこれ以上傲慢にならないように。祈っても祈っても、祈り足りません。なぜって、だって、私自身がそうなれる自信がないからです。私自身がなれる自信がないから、なお一層、祈ります。

組織で働くクリスチャンに質問です。

上司のために祈ることって、難しいですか?それは、何故ですか?

私は祈って欲しい。部下にクリスチャンがいない以上、せめて、教会では祈って欲しい。私は祈りを必要としています。どうか、あなたの祈りに覚えてください。

« モラルハザードと回復の軌跡 | トップページ | ちょっと体調が悪いのです »

仕事に対する考え方」カテゴリの記事